タレント 番組 ランキング

『いだてん』で話題のワード


05/26 22:15
立場や境遇 スポーツへの向き合い方に違いはあれど、走り続ける金栗四三をずっと見てきた2人の涙には確かに通じるものがあったと思う。 #いだてん #綾瀬はるか #杉咲花 #スヤ #シマ
05/26 21:30
どこまでも可児さんと美川くんについていきたい。 どんなにダメでいい加減でも楽しく自分本位に生きていける、日本のスポーツの未来なんか知ったことじゃない、という精神でこれからもよろしくお願いします(しかしドッヂボールの件は許してない) #いだてん
05/26 21:30
老兵は死なず、ただ消え去るのみといった雰囲気を漂わせていた嘉納先生ですが、実際には山師ぶりは健在です。オリンピック開始中に早くも「1928年に日本にオリンピック招致」の大目標を掲げ始めてます。 さすが只者ではありません(大正9年8月28日 東京朝日新聞) #いだてん
05/26 21:15
「いだてん」オリンピックの報告会。振るわなかった結果に非難の声が集中する中、スヤ(#綾瀬はるか)の放った一喝。心が震えた。涙が出た。金栗四三の妻がスヤさんでよかったし、スヤさんを演じたのが綾瀬はるかさんでよかったと心底思った。金栗四三が金メダルならスヤさんも金メダルだよ #いだてん
05/26 21:15
『いだてん』第20回。 早々にトレンドに入る三島天狗。花のある男は出てきただけで違いますね! 恋愛話が出たかと思いきやあっという間に各方面収束。 水泳の内田さんいつ見ても水泳してますって体ですごい。 永井先生の立派さよ、スヤさんの素晴らしさよ、そして美川くんの扱いよ…w 来週は女学校!
05/26 21:15
今回のアントワープ五輪報告会のシーン、翻って見れば国の看板を背負ったスポーツ選手が思う通りの結果を出せなかった時、果たして我々はどのような反応をしていたか第三者の視点から見せつけられているようで身につまされるものがあった。健闘を、ただ讃えることも必要ではないか。 #いだてん
05/26 21:00
それはそうとさ…日本に持ち込んだ永井道明先生本人でさえ「時代遅れだ」と認めた肋木が、なんで未だに小学校体育館の壁際に残ってるんだろう?みんなのタオルや縄跳びをひっかけるため?#いだてん
05/26 20:45
アントワープオリンピックで男子テニスシングル、ダブルスともに銀メダルを取った熊谷一弥さんは大牟田市出身、柳川の旧制中学傳習館(現、伝習館高校)の出身だそうです。私ののおばあさんより1歳下。#いだてん
05/26 20:45
「いだてん、髪型」 視聴者として #いだてん に伴走しているつもりなんだけど、毎週の予告ではナレが視聴者と伴にいる感じw
05/26 20:45
テニスすごいね!!!銀メダル!!!(大興奮) #いだてん
05/26 20:30
【悲報】トクヨさんの恋、本人のいない海の向こうで散る【野口くんも既婚者】 #いだてん
05/26 20:30
うお凄い、テニス銀メダル!日本初の五輪メダルは庭球だったのか…恥ずかしながら知らなかった。 #いだてん
05/26 20:30
紀夫最下位…(´;ω;`) #いだてん
05/26 20:30
クロール一色であります! 内田正練さんを描きました。 葵揚さん #いだてん #いだ絵 #いだてん絵 #絵だてん #大河ドラマ #大河絵 #葵揚 @nhk_td_idaten
05/26 20:16
ほんと誰だよ?辰野保って?…いやいや凄い人なんです! #いだてん
05/26 20:15
可児先生今度こそ行けるかな?(ドキドキ) #いだてん
05/20 01:00
今日は森山未來に全部持っていかれてしまったな。 それでも、四三ちゃんが気付けば大人の男の顔になってる。メイクも服装も変わらないのに人間の成長が見える。勘九郎丈も凄い表現力。 勘九郎丈と森山未來という本来異なる世界に住む二人の織りなす紋様のなんとユニークで美しいことか。 #いだてん
05/19 22:33
オリンピックの話なのに落語絡めるなんて、といろいろ言われてるみたいだけど、作ってる人たちは今日の話をお腹に抱えてずっとニヤニヤしてたんじゃないかしらね…まさかこんな風にシンクロして感動回になるなんて。 #いだてん
05/19 22:17
この慶応大学のキザな人って、もしかして箱根駅伝第一走者で後に詩人となるものの自分の「生まれてすみません」の一節を太宰治にパクられてしまったショックで、文学に挫折、鬱病になって家出を繰り返した挙句失踪してしまった寺内寿太郎なのか??  #いだてん
05/19 21:30
「いだてん」はホント面白いので、と言ったら妻が「でも視聴率悪いんだよね」と打てば響くようになってきたので、NHKはこのことを反省しないでこのままがんばってください。だいじだと思います。反省しない勇気。